WEBサイトの次世代の主役、WebGL。

WEB接続に高機能なパソコンは不要

WEBサイトの次世代の主役、WebGL。 パソコンを持っている人のほとんどがWEB接続していることと思います。昔は高価だったパソコンも今や安いものなら数万円で手に入れることができます。一人一台どころか、一人で複数台持っている人もいるでしょう。パソコンの性能がさほど良くなくてもWEBへのアクセスは可能です。極端に言えば、パソコンは単なる箱に過ぎませんので、WEBサイトを閲覧するためのブラウザがインストールされており、インターネットへの接続環境さえ整っていれば、高スペックのパソコンを持つ必要はありません。中古のパソコンでも良いわけです。まずはインターネットを始めたいという人は、とりあえず性能が低くても良いのでパソコンを手に入れることをお勧めします。

WEBへのアクセスが可能になると、世界中の情報を家にいながらにして手に入れることができます。インターネットを通じて世界中のコンピュータで構成されるネットワークに入れるからです。WEB上でデータのやり取り、情報交換、コミュニケーションも可能になります。家庭内に複数台のパソコンがある場合、家庭内のパソコン同士でネットワークを構築することも可能です。ネットワークを構築すると、こちらのパソコンで作成したデータをあちらのパソコンで見る、ということも可能になります。家庭内だけのネットワークを構築すると、インターネットに接続しなくてもパソコン同士の情報を共有できるところが特徴です。学校や会社などでは必ずこのような小規模ネットワークを構築しています。


Copyright(c) 2022 WEBサイトの次世代の主役、WebGL。 All Rights Reserved.