WEBサイトの次世代の主役、WebGL。

WEBとインターネットの関係

WEBサイトの次世代の主役、WebGL。 インターネットでは、情報を多くのサーバに分散して、それぞれにバックアップを置いて遠隔地のどこからでも参照できるようにしています。また情報を中継するサーバは、情報のある場所を示した住所にあたる情報を持っています。この住所がURLです。このために、最適なルートを自動的に選択して目的の情報にたどりつくことができるようになっているのです。

インターネットはこのように多くのサーバが蜘蛛の巣のようにつながっているように見えるネットワークであるために、ワールドワイドWEBと呼ばれているのです。このWEBは蜘蛛の巣という意味です。情報の分散と共有がインターネットの基本的な性質であり、そこには実は中心というものが存在しません。従来のコンピュータネットワークは真ん中に大型コンピュータを置き、そこに端末をつないだクライアントサーバモデルが主流でした。つまり、ネットワークの中心になるコンピュータが存在したのです。


Copyright(c) 2022 WEBサイトの次世代の主役、WebGL。 All Rights Reserved.